このエントリーをはてなブックマークに追加

【東京:吉祥寺】古き良きパリにタイムスリップできるお店

こんにちは、ミケです!

7月に入り、夏本番間近となりました。今年の梅雨は、晴れの日が多くあまり雨が降らなかった気がします。カラっと晴れた青空が広がる夏が本当に楽しみです。

前回のブログで少しだけ紹介したのですが、今回は改めて「ベル エポック」をテーマにしているお店を紹介していきます。

ベル エポックとは…

「ベル エポック」って、全然聞きなれない言葉ですよね。ベルエポックとは、フランス語で「良き時代」と言う意味合いをもっており、19世紀末から第一次世界大戦が始まるまで、パリが最も美しく華やかだった時代背景や文化を表した言葉です。

平和、豊富、楽観主義、技術、科学、文化、革新など、ベルエポックの時代には、繁栄をイメージさせる言葉がよく使われています。特にパリでは芸術が栄え、文学、音楽、演劇、美術など、当時の作品が今でも数多く後世に残っています。この時代は、フランスだけではなくヨーロッパ諸国でも経済が潤い飛躍的な成長をとげています。広い意味でヨーロッパ諸国に活気が満ち溢れている時代を指す言葉としても使われています。

当時のパリ(ベルエポック)を再現するために、店装をはじめ家具や小物、音楽にまでこだわっています。フレンチジャズが流れる店内に足を踏み入れると、タイムスリップしたような気分になります。

ベル エポックの始まりは吉祥寺店

全国で最初に誕生した吉祥寺店は、2014年にフルリニューアル。まったく新しい店舗として生まれ変わりました。遠くからでも目立つ黄色の店舗が目印です。

吉祥寺駅北口より徒歩約5分(サンロード商店街を真っ直ぐ進んで頂いてSEIYUの真向かい)

>>パリミキ吉祥寺店の詳細情報はこちら

当時のパリを感じていただけるように、店頭や店内のディスプレイにもこだわっています。ジャズが流れる店内は、幅広い年代の方に楽しんでいただける空間になっています。商品もコンセプトに合わせてお洒落かつ様々なバリエーション。例えば「BJ Classic」のフレームは約70本、「TOM FORD」は60本、「OLIVER PEOPLES」も50本以上。「Ray-Ban」のサングラスにいたっては、100本以上ラインアップしています!

 

吉祥寺の人気ブランド商品のBEST3!

第1位:OLIVER PEOPLES SHELDRAKE-SUN

オリバーピープルズの定番、Sheldrake(シェルドレイク)のサングラスバージョンです。
ボスリントンタイプのデザインは、日本人にも掛けやすく飽きのこないので、愛用してる方が多数いる人気のモデルです。

>>>シェルドレイクのカラーバリエーションをもっとみたい方はこちらにクリック

 

第2位:OLIVER PEOPLES 505-SUN

フロントにセル、テンプルにメタル素材を使いブランド特有のヴィンテージ感を出しつつ、形をボストンタイプにすることにより男女問わず掛けやすいモデルになっております。
また、同モデルのメガネタイプでは、専用のクリップタイプのサングラスがあり、こちらも人気があります。

>>>505のフレームはこちらから(※サングラスは7月末入荷予定)

 

第3位:Ray-Ban RB4171F ERIKA

フロントはラバータイプ、テンプルはメタル素材を使ったクラシックなモデルになっております。
ボストンタイプなので男女問わず掛けていただけますが、こちらは丸みが強いので特に女性の方に人気です。

>>>エリカのカラーバリエーションをもっと見たい方はこちらにクリック

吉祥寺はイベントも盛りだくさん!

 

エンターテイメントのお店だけではなく、「ベル エポック」のお店でも定期的にイベントが開催されます。これから開催する予定のイベントは、CG(コンピューターグラフィックス)を活用したイベントや、TOM FORDのキャラバンイベント。サンロードでお買い物する方はぜひパリミキ吉祥寺店に寄ってみてください。

吉祥寺店は、パリミキ最新CMの舞台にもなりました。興味のある方はこちらからご確認ください。

 

パリミキが運営するオンラインサイトE-megane(イーメガネ)でも、商品はチェックできますので、ぜひ一度ご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

AUTHOR

ミケ

ミケ

イタリア出身。好きなファッションの勉強をするために、日本に来て3年。ファッション業界に進むはずが、気がついたらメガネ・サングラスの世界に。大好きなわんちゃんと東京在中。
好きなこと:食べる・寝る・ファッション・わんちゃん

関連する記事