1. e-megane > 
  2. メガネ・サングラスの選び方

Choice メガネ・サングラスの選び方

イメージ画像

何千、何万とあるメガネ・サングラスの中から自分に合うメガネを探すことはとても難しいことです。
今、流行りのレンズシェイプも、定番の形も以下の3つのポイントをおさえるだけで、
アッと言う間にメガネマスターになれます。

失敗しないメガネ・サングラス選び3つのポイント

1.フレームのサイジングを知ろう
2.顔の特徴を活かしたフレームシェイプとは
3.目鼻立ちを美しく見せるコツ

ポイント1:フレームのサイジングを知ろう

説明画像
  • 1.フレームの縦サイズ

    その時のトレンドにより、縦幅の浅いもの、深いものが流行りますが、あまり極端すぎると顔の輪郭のバランスが崩れて見えることがあります。
    深めにするとクラシカルに、浅めにするとインテリジェンスな印象になります。眉から顎までの長さの1/3ほどの大きさが、ベストのサイジングです。

  • 2.フレームの横サイズ

    顔の横幅と同じ、または顔幅よりやや狭めの大きさを選ぶとバランスが整って見えます。
    顔幅より広いフレームを掛けた場合は、輪郭のバランスが崩れたり、目が寄って見えることがあります。

  • 3.サングラスのサイジング

    サングラスを選ばれる際は、フレームよりもワンサイズ大きめを選んで頂くとバランスが良く見えます。

ポイント2.顔の特徴を活かしたフレームシェイプとは

特徴を生かしてデザインを選ぶことで、顔に溶け込むようによくなじみ、ナチュラルにフレームを掛けることができます。
本人の個性を活かし、印象を変えずにメガネやサングラスを掛けたい場合にオススメの選び方です。

1.フェイスラインとよく似たフレームラインを探そう

顔と見比べて、自分のフェイスラインと良く似たラインを探します。
その際に、顔の目から上はフレームのトップライン、目から下はフレームのアンダーラインを参考にしましょう。
フェイスラインとメガネ・サングラスのフレームラインが似ている要素が多ければ、バランスが良くなります。

説明画像
2.顔のウィークポイントもカバーしてしまおう

メガネやサングラスが変われば、相手が受ける印象がガラッと変わります。
メガネやサングラスは、顔の1/3の大きさを占めることが多く、他人の視線も自然とメガネやサングラスに集まるようになります。
輪郭とは違うフレームシェイプにすることで、フェイスラインや各パーツのバランスを整え、理想のイメージに近づける選び方です。メガネやサングラスを掛けることで、欠点をカバーしたい方にオススメの選び方です。

気になる輪郭をカバーするフレームシェイプ

顔型別おすすめフレームシェイプ

  • 丸顔の方

    スクエア ウェリントン バレル
    ・アクセントを上へ
    ・縦幅は浅いもの
    ・横幅はやや狭いもの
    ・シャープなライン
    ・ナイロールフレーム
    ・浅いウェリントン
  • 三角顔の方

    オーバル ラウンド バレル
    ・アクセントを下(頬)方向へ
    ・縦幅は深いもの
    ・なだらかなライン
    ・アンダーリムフレーム
    ・深いオーバル
    ・大きいラウンド
    ・やわらかなバレル
  • 面長顔の方

    ボストン バレル ウェリントン
    ・縦幅は深いもの
    ・ややシャープなライン
    ・ツーポイントフレーム
    ・クラシックなもの
    ・シャープなウェリントン
    ・大きいバレル
  • 四角顔の方

    オーバル ボストン ラウンド バレル
    ・アクセントを下へ
    ・縦幅は深いもの
    ・やや大きめではっきりしたもの
    ・ゆったりしたボストン
    ・ソフトなライン
    ・大きいラウンド
    ・ゆったりしたバレル

ポイント3.目鼻立ちを美しく見せるコツ

1.目鼻立ちが美しく見えるフレームバランス
  • 目と目の間隔

    目と目の間隔

    ①目と目の間隔が離れている場合、ブリッジサイズの広いものを選びます。
    ②反対に狭い場合はブリッジサイズの狭いものを選びます。

  • 目の大きさ

    目の大きさ

    ①目を大きく見せるにはレンズの小さいものを選ぶ方法があります。
    ②反対にレンズの大きいものは目を小さく見せます。
    ※メガネ・サングラスフレームによって分けられた目と頬のバランスを見ながら選ぶのがポイントです。

  • 鼻の高さや大きさ

    鼻の高さや大きさ

    ①ブリッジがまっすぐで低い位置にある場合、鼻を小さく見せます。
    ②アーチ型で高い位置にある場合、鼻を高く大きく見せます。

2.玉型と目の位置関係でバランスを整える
フレームの中心

メガネ・サングラスフレームを掛けたときの目の位置も似合う要素として大切です。
高さはレンズの中央よりやや上、左右はやや内寄りに位置すると自然な印象となり、違和感も少なくなります。
上下幅の浅いフレームの場合は、レンズの中央あたり(中央より下にならないように)に目を位置するとバランスが良くなります。
メガネフレームのサイズだけでなくフィッティングにより目の位置を調整することもできます。

商品一覧ページへ

pagetop